キャバクラなどナイトワーク・派遣・求人募集サイトのA-Cast

キャバクラ嬢の母子家庭、母子手当事情 母子家庭とは子供とその母親の家庭のことで、その子供を母親が扶養しています。
母子家庭になる理由はさまざまで、最初から父親がいない、いわゆるシングルマザーの母子家庭もあります。

今の社会では男女平等と言われていても差別があり、会社などで働くとお給料は男性社員よりも女性社員のほうが少ないようです。
また、母子家庭の母親の多くは普通にOLとして働いている人よりも、
保険の外交員やコンビニのアルバイトなど不定期で低収入の仕事をしている人が多いようです。

そうなると生活が楽ではありませんから、申請をすれば市町村自治体から母子手当、児童扶養手当などの名目で、
ある程度の額が毎月支給されます。このように支給される手当は子供のためであり、
母親のためではありませんし、その額もそれほど多くはありません。
したがって、このような母子家庭の母親は生活費を稼がなくてはなりませんから、
仕事をしますが、先ほど述べたように女性の給料はそれほど多くはありません。

そこで比較的お給料が良くて、しかも働く時間も短いキャバクラのキャストとして働く女性が少なくないようです。
なお、キャバクラでキャストとして働いていて、母子手当を受給することには何の問題もありません。

キャバクラでキャストとして働くのは独身女性に限定されていなく、普通の女性であれば誰でもキャバクラで働くことができますし、
もちろん子供がいる母親でもキャバクラで働くことができます。 しかもキャバクラの仕事は夜ですから、
昼間は子供と一緒の時間があるので、子供の面倒をみることができます。

夜、子供をひとりにしておくのは心配ですが、子供がある程度大きくなり、
母親の言うことを聞き分けが良い子供ならば自分の母親が働くのは夜だと分かってくれるでしょう。
派遣で働く場合も同様で、派遣会社に勤務しているという形になっているだけで
母子家庭の人が働くことに何の問題もありません。